開発と話し合いながら、お客様が
描いた香りの設計図を再現する

T.Oさん

入社年度2009年度
部署製造部
趣味特技ドライブ / モータースポーツ観戦

Q1.
お仕事の内容を
紹介してください

A1.加工食品やレトルト食品に使う「呈味香料」を製造しています

私の所属する「製造部」では、香りのもととなる原料を調合し、反応させ、香りと風味を作っています。当社が扱う香料は「食品香料」「呈味香料」「香粧品香料」「合成香料」など多岐にわたりますが、私の担当は、加工食品やレトルト食品、冷凍食品等に使う呈味香料の分野です。
製造のプロセスを大きく分類すると、「反応」「抽出」「蒸留」「調合」「分離」「濾過」「精製」「充填」の8工程になりますが、呈味香料と他の分野のもっとも大きな違いは、反応工程で熱を取り扱っていること。原料に対して熱を掛け、食材の持つ風味や香ばしさを最大限引き出します。

Q2.
この仕事の魅力を
教えてください

A2.設計図を完璧に再現することに、やりがいと魅力を感じます

製造の仕事は、お客様が描いた香りの設計図を忠実に再現すること。けれども、香りは非常に繊細なバランスで成り立っているので、図面通りにいかないことも時にはあります。そういう場合は、開発と話し合いながら、一つひとつ問題を解決していきます。地道な努力の連続ですが、与えられた設計図を完璧に再現できたときは、大きな達成感を感じます。

Q3.
ここの仕事で、
特に大変だと
思うところは?

A3.原料の種類や特性など、覚えることがとにかく多い

調合作業には細かい単位の計量作業が必要となるので、調合では非常に神経を使います。また、調合に使う原料も数100種類と非常に多く、原料ごとに特性があります。各原料と蒸気圧や温度の関係など、実践を通して覚えることも多いです。
また、たくさんの量が必要とされる呈味香料では1度で作る量も多く、体力勝負な面もありますね。

Q4.
休暇や福利厚生は
どのように
活用していますか?

A4.休日は愛車でドライブするのが趣味です

私は車が好きなので、入社後は給料を貯めて、憧れていた外国の車を買いました。好きな車に乗ることが子供の頃からの目標だったので、夢が叶って嬉しいです。休日は、その車でドライブに出かけることが多いですね。のんびりとした田舎道を走っていると、日頃の疲れが取れます。

Q5.
就職活動中の皆さんへ
メッセージを
お願いします

運やタイミングにも左右される就職活動では、思い通りにいかないことも多いでしょう。焦りや不安にとりつかれ、気落ちする日もあると思います。これはある意味、梅雨時期に感じる憂鬱にも似ている気がします。でも、「雲外蒼天」という言葉もあるように、暗雲の外には蒼い空が無限に広がっているはず。周囲に流され、楽な方向へ逃げるのでは無く、自分が目指したい場所を意識することが重要です。決して諦めず、情熱を持って就職活動に取り組んでくださいね。

06:30朝食・身支度
08:00出社(仕事の準備)
08:30始業(機械や計量器の点検、仕込みや調合作業など)
12:00昼食(野球)
12:40冷却作業や翌日の準備、書類整理など
18:00職場を出る
18:30帰宅/夕食、テレビ、読書など
23:00就寝