研究開発はトライアル・アンド・
エラーの繰り返し

T.Yさん

入社年度2007年度
部署素材・技術開発研究所
趣味特技読書 / プロレス観戦

Q1.
お仕事の内容を
紹介してください

A1.基礎技術の研究開発を行い、開発部の業務をサポートしています

私の所属する「素材・技術開発研究所」では、基礎技術の研究開発を行うことで、開発部の業務をサポートしています。主な業務内容は「分析」「合成」「抽出」に加え、新規素材の開発など。中でも分析は、香り創りの上でかなり重要な作業となります。
例えば、同じ「おいしい」でも、個人ごとに微妙な差異がありますよね。このように、香りの感覚も人によってさまざまです。そのため、香り創りでは、顧客と共有する科学的データが不可欠となるのです。

Q2.
この仕事の魅力を
教えてください

A2.自分のアイデアが形になる喜び

香りや味の構成は非常に複雑なため、研究開発はトライアル・アンド・エラーの繰り返しです。ひとつの成功の裏には、10の失敗があると考えても良いかもしれません。けれども、失敗を繰り返しつつも、自分のアイデアが形になっていくのには、やりがいや楽しさを感じますね。

Q3.
ここの仕事で、
特に大変だと
思うところは?

A3.香りによって分析方法が違うため、幅広い好奇心が求められる

フレグランスの自然な香りを再現するには、果物や花の香気分析、抽出技術や機能性素材の探索など、幅広い分野の研究が必要となります。また、香りによって分析方法も異なり、使用するツールも変わるため、分野にとらわれず、幅広い好奇心を持ち続けることも重要ですね。

Q4.
休暇や福利厚生は
どのように
活用していますか?

A4.休暇のメインは家族サービス、趣味の読書は会社の図書室で

1歳半の子供がいるので、休暇のメインはもっぱら家族サービスです。子供の目にはどんなものも新鮮に映るようで、近所を歩きまわるだけでも楽しいようです。有給休暇を使って遠出することもあります。
また、読書が好きなので、会社の図書室は頻繁に利用しています。図書室の管理は図書部が行っていて、常時1000冊程度の本が保管されています。

Q5.
就職活動中の皆さんへ
メッセージを
お願いします

就職活動は、自分と社会の関係を見つめなおす、良い機会でもあります。さまざまな出会いを大切に、トライアル・アンド・エラーを楽しんでください。社会に対して少しだけ視野を広げることで、今までとは違う世界が見えてくるかもしれませんよ。

06:00朝食・身支度
08:00出社(仕事の準備)
08:30始業(ミーティング、調合作業など)
12:00昼食
12:40打ち合わせ、実験作業の続き
18:30職場を出る
19:30帰宅/夕食、家族との団らん、テレビ、読書など
23:00就寝