日常生活で感じた何気ない香りに、心を動かされたことはないでしょうか?
異国の地に初めて足を踏み入れたときに感じた香り、食欲をそそるジューシーな肉とスパイスの香り、疲れた心と身体を癒やしてくれる木々の香り。
人は日常的に、五感に頼ったコミュニケーションを行っています。中でも、嗅覚から得た情報はダイレクトに脳へと働きかけるため、人の記憶や情動に密接に関係するといわれています。
私たちが感じる商品の個性やオリジナリティは、色や形など、目に見えるものだけで作られているわけではありません。香りは目には見えませんが、商品の性格を決める上でとても重要な要素です。

香りは、何気ない日常をより鮮やかで豊かなものへと変化させるエッセンスです。
これまでの市場では、自然な美味しさを求めた香りや、「ヒーリング」や「ナチュラル」をキーワードにした健康志向の香り、身にまとうだけで元気が出るような香りが人気を集めてきました。
近年では、香りを利用した企業の新しいイメージ戦略「コーポレートセント」への注目も高まり、CIの一環として独自の香りを導入する会社も増えています。
リゾート感を大切にするスパホテルや、華やかさを大切にする企業のレセプションはもちろん、ライブ会場やシアターでは、それぞれのシーンを表現する香りとVRなどの最新技術を組み合わせ、より臨場感のある演出を可能にしています。

私たちは、香りをビジネス戦略の一環として捉え、食からエンターテイメントに至るあらゆる香りを提案します。

香料ができるまで