営業体制

塩野香料の営業担当者は、いわゆる「香りのプロデューサー」。自らの感性や想像力を駆使し、お客様と二人三脚で完全オーダーメードの香りを創り上げていきます。香りの提案をする際は、「なぜこの香りにしたのか」という開発ストーリーを交えつつ、当社独自の香料をアピール。また、製品のイメージにリアリティを持たせるため、自社研究室で見本品も作っています。

  • 当社独自の香料をアピール

    開発ストーリーに効果・効能などのエビデンスも添え、当社独自の香料をアピール。デザイン思考やペルソナ分析など多くのフレームワークを駆使し、ご依頼にクリエイティブに対応しています。

  • 開発と連携し、高い機動力

    研究開発やマーケティングと連携し、これら一連の製品提案をスピーディに行います。研究開発やマーケティングと連携し、これら一連の製品提案をスピーディに行います。
    急なご依頼にも速やかに対応できるよう、時には関連部署との調整に社内をフットワーク軽く走り回ります。

  • 関連商品の提案も可能

    必要に応じて、香料に関連する商品も提案します。扱い品目は、酵素処理果実ペースト、果汁、抹茶、海産物エキス、酸味料、色素など。

マーケティング

お客様に適切な香料を提案するには、トレンドを分析し、市場のニーズを把握することが重要になります。塩野香料では、国内外での独自の調査分析を通して、市場のニーズを先取りした提案活動を行っています。同時に、社内外の知恵を集結し、お客様のお悩みに対するコンサルティングの役割も果たしています。また、香りのプランナーである「エヴァリュエーター(官能評価者)」をカテゴリーごとに配置し、お客様に提出する調香試作品のクオリティチェックを行っています。

  • 独自の市場分析に基づいた
    適切な提案活動

    マーケターによる国内外の市場調査を通し、あらゆるトレンドを独自に分析。お客様も気付かない市場のニーズを先取りし、積極的な提案活動を行っています。

  • コンサルティングにも対応

    社内外の知恵を結集し、お客様のお悩みにも幅広く対応しています。これは、さまざまな業界やサプライヤーとつながりのある、私たちだからできること。

  • 香りのプランナーが、
    香調のクオリティを保証

    調香試作品のクオリティを保つため、各カテゴリーに専属のエヴァリュエーターを配備。お客様にご満足いただける提案を的確にいたします。

海外拠点について

日本と地理的に近いアジアは、香りや味の嗜好も似通っていると言われています。塩野香料では、日本で培ったノウハウをもとに、アジア各国のお客様のニーズに対応した製品やサービスの提供を行っています。特に台湾、中国においては製造工場、研究開発の拠点を設け、地域の嗜好に応じた製品の供給を行っています。

  • 台湾

    1965年に塩野香料の子会社として設立した、日本の香料メーカー初の台湾の現地法人。研究開発と営業の機能を持ち、製造も行っています。

  • 中国

    1995年に台湾塩野香料の子会社として設立。研究開発と営業の機能を持ち、製造も行っています。

  • タイ

    2014年に塩野香料の駐在員事務所として設立し、現地での市場調査活動を開始しました。加えて代理店を通じて輸入販売も行っています。

  • 韓国

    1989年にソウル事務所を開設し、2003年より、大興通商(代理店)を通じて輸入販売を行っています。