1808-1907塩野香料の原点

1808年和漢薬真珠などの薬種問屋として、塩野屋𠮷兵衛商店創業
1816年福島屋半兵衛薬種中買仲間株を譲り受け、正規の薬種中買として独立経営
1880年全国3番目に古い幼稚園(現・愛珠幼稚園)が北浜5丁目に開設- 三代目𠮷兵衛が初代園長に就任
1889年三代目𠮷兵衛、大阪薬種卸仲買商組合の総取締に就任
1904年大阪道修薬学校(現・大阪薬科大学)が設立され、三代目𠮷兵衛が設立メンバーの一人となる

PICK UP

江戸時代中期以降、大阪の道修町には多くの薬種商が集まりました。道修町の同業者が、優先的に薬の買い付けを行える「薬種中買仲間」として認可されたからです。当時の道修町は活気に満ち、未来を夢見る若者にとってはまたとない場所でした。

1908-1921国産初のエッセンスを開発

1908年香料の将来性に着目して、主業をこれに転じた
1917年神戸市灘区岩屋に芳精化学研究所を創設
1921年各種合成香料を製造発売するとともに、わが国最初の一貫作業による国産扇印エッセンス(レモン・オレンジ・バナナ)を完成

PICK UP

1914年、ヨーロッパ中を巻き込んだ第一次世界大戦が勃発し、日本の香料会社もイギリスやドイツから香料の輸入ができなくなりました。1919年の終戦と共にヨーロッパとの貿易も復活し、日本の市場には海外の商品もならび始めました。

1922-1940積極的な取り組みで市場開拓を進める

1923年ストロベリー、パインアップル、サイダー、ペパーミントのエッセンスを開発、販売
1929年塩野香料株式会社を設立
1933年大阪市淀川区、神崎川畔に大阪工場を建設
1935年東京に出張所設置(1961年営業所設置)
1937年台湾新竹州竹東鎮に竹東工場を建設。香料原料自給のため農園も自営
1940年中国海南島に農場経営。愛媛県川之石町に川之石工場を建設

PICK UP

1926年、大正天皇がご崩御され、日本の年号が大正から昭和に改元されました。1929年にはアメリカで世界恐慌が起こり、日本経済にも大きな影響がありました。また、大阪では国内初の本格ターミナルデパート・阪急百貨店が開業し、人々の服装も和装から洋装へ変化していきます。1939年には第二次世界大戦が勃発し、苦しい時代の幕開けとなりました。

1941-1951戦争を乗り越え 新たな歩みをスタート

1941年塩野化工株式会社に改称
1943年日本で最初にポリスチレン樹脂の合成に成功し、工業生産化を開始
1945年終戦と同時に台湾竹東工場、中国海南島農場閉鎖
1947年社歌を発表、竹中郁作詞、山田耕筰作曲
1951年旧称号、塩野香料株式会社に改称

PICK UP

1945年、第二次世界大戦が終戦。塩野香料の従業員も、復興を目指して通常の事業を再開しました。また、1947年には日本と台湾の貿易取引が復活し、塩野香料も台湾への輸出を再開しました。

1952-1976「技術の塩野」の基盤形成へ

1954年川之石工場閉鎖
1957年大阪工場にガスクロマトグラフを導入
1962年香料の刺激性、皮膚透過性の研究を開始
1965年台湾に合弁会社台湾塩野香料股份有限公司を設立
1969年人造肉製造のAPプロジェクト開始

PICK UP

1952年、サンフランシスコ平和条約が締結し、日本と多くの連合国間の「戦争状態」が終結しました。日本における輸入制限も解除され、海外から良質で安価な香料が大量に押し寄せました。1960年代半ばには、日本の各産業に高度経済成長期が起こり、塩野香料の事業もさらに拡大しました。

1977-2000「技術の塩野」の基盤形成へ

1987年アメリカ・ロサンゼルスに、合弁会社FLAVOR CONSORTIUM INC.を設立
1990年東京営業所を東京支店に改組。本社ビルを建設
国際花と緑の博覧会「ふしぎな森の館(松下館)」に芳香発生装置、「いんなあとりっぷ館」に環境フレグランスを提供して協賛
1995年上海に上海芳精香料有限公司を設立
1996年塩野フィネス株式会社を設立

PICK UP

1982年、塩野香料ではコンピューターを導入し、本社と大阪工場の各現場をオンラインでつなぐ業務管理システムを構築しました。1990年には、大阪鶴見緑地で「国際花と緑の博覧会(花の万博EXPO’90)」が開催され、世間を大いに盛り上げました。

2001-時代の変化に柔軟に対応する塩野香料

2002年ISO9001認証取得
2004年アメリカの合弁会社FLAVOR CONSORTIUM INC.閉鎖
2006年ISO14001認証取得 ERPシステム導入
2008年創業200年を迎える
2013年FSSC22000認証取得
2014年歴史資料室開設
バンコクに駐在員事務所開設
2016年ISO/IEC17025認証取得

PICK UP

2008年、塩野香料は創業200周年を迎えました。2009年からは、高効率・高収益体制の強化を目指し、「ムダ・ムリ・ムラ」の最小化を目指す運動「SPI-160」を実施。創業200年の「その先」を見据え、これからの100年に向かっていきます。

塩野香料歴史資料室

  • 資料室の内観
  • 江戸時代、薬種をひくのに使用した薬研
  • 山田耕筰直筆の「社歌」の楽譜
  • 「三蓋松」の扇絵:武部白鳳筆
  • 国産初の扇印エッセンスのラベル
  • 生花から香気成分を抽出するのに使用していた器具

塩野香料では、創業200年の歴史を書いた社史『200年の歩み』を元に、大阪工場内に「歴史資料室」を設置しました。館内では、「塩野香料の歴史」と「塩野家の紹介」のパネル展示や江戸時代~明治初期に使用していた道具・生薬原料の展示を通し、当時の雰囲気を再現。「研究開発紹介・体験コーナー」では、香料サンプルの香りを嗅ぐ体験もでき、ご来館いただいた方には大変好評です。また、「DVDモニター」では、弊社のプロモーションビデオや映像資料などをご覧いただけます。