企業理念

誠実本位に 技術と感性を磨き
香りと香味を通して 人々の生活に
豊かさと潤いをもたらすことが
我々の使命であり 誇りと喜びです

社長挨拶

塩野香料は1808年(文化5年)、和漢薬、真珠などを扱う薬種問屋「塩野屋𠮷兵衛商店」として創業した総合香料メーカーです。1908年からは主業を香料に転じ、1921年には日本初の国産エッセンスである「扇印エッセンス」の製造に成功。以来、信頼の証である「扇ブランド」をお客様に提供する企業として親しまれてまいりました。

当社は、食品用・香粧品香料や合成香料、家庭用バニラエッセンスの最終製品など多岐にわたり取り扱っています。そして今、香りとしての良さはもちろん、安定性・安全性に優れた従来の製品作りに加え、抗酸化活性や生理心理学的作用などの機能性を備えた香料の開発にも力を注いでいます。

海外の需要にも積極的に対応するため、台湾に「台湾塩野香料」、中国に「上海芳精香料」という現地生産・販売を行う子会社を設立し、タイのバンコクにも駐在員事務所を設け、販売網を広げてきました。

また、香料合成技術を有する合成化学事業部門を分社化した「塩野フィネス」も、医薬品原薬を受託生産する専門メーカーとして日々、成長しています。

私たちの使命は、香りと香味を通して、皆様の生活に豊かさと潤い、そして楽しさをお届けすることです。
塩野香料では今後も、「誠実」をモットーに、お客様に安心して使っていただける時代に合った商品を作り続けてまいります。

代表取締役社長
塩野 秀作

「扇印」は、私たちの商売の在り方です

「扇印」が商標登録されたのは、私たちが香料中心の商売を始めた1908年。初代・塩野𠮷兵衛は、塩野家の家紋である「頭合わせ三つ松」から、私たちの商売を「扇」に例えました。ご存じのように、扇は別名「末広がり」とも呼ばれ、日本の縁起物のひとつとしても数えられています。私たちの商売が、いつまでも栄え、成長するよう願いを込めて……。扇に描かれた「常緑の若松」にも、同様の願いが込められています。

また、船場には昔から「扇子商法」という言葉があります。会社の拡大期には扇を広げ、安定期には畳んでおく。「時々の状況に応じて、経営方針も柔軟に変化させていくべきだ」という考え方です。以来、私たちは、歴代当主の意思を受け継ぎ、扇子商法を胆に命じた商売を行ってきました。しなやかな扇のように、末広がりの企業を目指す。塩野香料の扇印には、そんな思いが込められています。

ビジョン

お客さまやお取引先から信頼され、従業員同士が尊重しあい、
社会や株主から称賛される企業をめざします

行動規範

①企業理念・ビジョン実現に向けた行動
私たちは、企業理念の追求とビジョン実現に向け、自発的に行動します。

②法律・法令の遵守
私たちは、法律・法令を遵守し、公明正大な企業活動を行います。

③会社規程・規則の遵守
私たちは、会社規程・その他規則を遵守し、健全な会社の発展に努めます。

④お客様・お取引先の信頼獲得
私たちは、お客様のニーズにかなった製品・サービスを提供するとともに、正しい情報を的確に提供し、誠実な行動でお客様の信頼を築きます。また、お取引先とは公明正大な取引を通じて信頼関係を築き、相互の発展を図ります。

⑤株主・金融機関からの理解と支持
私たちは、公正かつ透明な企業経営により、株主・金融機関の理解と支持を得ます。

⑥従業員の連帯と自己発現ができる企業風土
私たちは、企業の一員として連帯感を持ち、自己の能力・活力を発揮できるような企業風土をつくります。

⑦個人情報の適正な管理
私たちは、個人情報、お客様・お取引先・自社の機密情報を適正に管理します。

⑧社会とのコミュニケーション
私たちは、環境対策や事故防止に努めます。また、地域社会の発展と文化活動に協力し、共生をめざします。そして、社会とのコミュニケーションを図り、社会の要求に沿った企業情報を適切に開示します。

⑨政治・行政との関係
私たちは、政治・行政とは健全かつ透明な関係を維持します。

⑩反社会的勢力および団体への対処
私たちは、反社会的勢力および団体には、毅然とした姿勢で対処し、必要があれば関係行政当局へ相談します。